スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★アトリエ大詰め★

  28, 2011 12:19


以前は、プラスチックチェストの天板だった木材を

机の天板に作り直しました。



リメイク家具 机リメイク リメイク ハンドメイド インテリア

リメイクする机です。
150cm × 70cm
元々はピカピカのシルバー。5年前に白で塗りました。

コレに・・・



  
 
IMG_2753.jpg

作り変えた天板をのっけて・・・




IMG_2756.jpg

ウォルナットを塗り塗り・・・
(後に写りこんだドロワーチェストと偶然にも色味が似てて嬉しい!)







今年の残りはあと3日。

3日でアトリエ完成させますょ~~~

なるべく・・・。多分・・・きっと・・・!




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 
いつも、ポチ!っとありがとうございます^^
また遊びに来て下さいね☆

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 2

30
2011
becky  
2011,12.30 (Fri)  09:55
かっこいい!

アトリエ計画着々と進んでますね!!

ウォルナット、素敵な色!!
これはワックス?オイルステイン?何を使いましたかっ!?

私はカラボのリメイクを考えてて、天板の塗装にブライワックスかワトコオイルか何がいいのかまったく分からず調べてる所なんです!
エイジング加工にも使えたらいいなぁとか。

自分のイメージにどんどん近付くと、これほど嬉しいものはないですよね!
再利用を上手にしているところ、本当見習いたいです♪

私も出来上がりがとっても楽しみです!!(アトリエのインテリアめちゃくちゃ参考にさせていただきます!!)

Edit | Reply | 
30
2011
Coni  
2011,12.30 (Fri)  23:11
★★★beckyさんへお返事です

beckyさん、今晩はぁ~~★!!

いっぱい質問ありがとう!

私は水性のオイルステインを使いました。
刷毛で塗って、乾く前にタオルで拭き取る。を何回か繰り返しました。
オイルステインでエイジング加工したことないけど、
水っぽいので、紙のエイジングには不向きかも。
木材には使えると思います。
ただ、私の経験上、エイジングにはオイルの方が使い易いと思います。


「ワトコオイル」私も気になってるの。未使用なので体験談がなくってごめんなさい><
あと「渋柿」って塗料もウォルナットの様な濃いブラウンでいい色味みたいだょ~^^
こちらも体験談がなくってごめんなさい><


市販されてるカラーボックスはニスで仕上げてるから、そのままペイントすると
ペンキをはじいて上手く塗れないので注意です。
(水性ペンキならほぼ塗れない。油性ペンキなら2・3度塗りです。)
頑張ってサンダーでニスを剥がしてペイントって方法もあるけど、
ニスを剥がすのは一苦労なので、私のお勧め方法を。

下地剤をスプレーすれば、ニスを剥がさなくても水性ペンキが塗れますょ。
ホームセンターで800円位の物を私は使用しています。
木材用ではなくて、金属・プラスチック用の下地剤を使ってますが、一度で綺麗に塗れます。

ただ、カラボの木の色を生かしたいなら、サンダーかけてから、
オイルステインか、ワトコオイルって段取りになると思います。

意味不明だったら、また質問お願いします><
私でよければどんどんどうぞ~~!
カラボのリメイク、成功しますように・・・★

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。